閉じた光


「ほら、これで血の臭いは消えましたよ」

綱吉は骸にされるがままに正気を失い虚ろな瞳でぼんやりと冷たいシャワーを頭から浴びている。
硝煙と血の臭いの染み込んだスーツが水を吸い込みずっしりと重くなるのを綱吉は人ごとのように感じていた。
排水溝に水彩絵の具を薄めたような真っ赤な水が吸い込まれていく。

「汚い他人の血も流れていきました」

ジャーッというシャワーの降り注ぐ音だけがバスルームに響き渡っている。
水分を飽和状態まで吸い込んだスーツが綱吉の体にピタッとくっつき不快感を覚えさせるが、それでも表情一つも変えることなく綱吉は立ち尽くしていた。
そんな綱吉に視線をやった骸はため息を一つ付くと、スーツを脱がせにかかる。
細長い白い指でボタンを外し、ジャケットを脱がせる。
ネクタイをほどき、引き抜く。
丁寧に一つ一つワイシャツのボタンを外して行き、綱吉の体に張り付くそれを脱がす。
ベルトに手をかけると慣れた手つきで外し、スラックスを引き下げる。
そんな骸の様子を綱吉はぼんやりした頭で何の感慨も持たずに見ていた。

「オレ、人を初めて、殺した」
「そうですね」

絞り出す様に声を発した綱吉の頬を骸は優しく撫でる。
そして出しっぱなしだったシャワーの温度を上げ、綱吉の脇に手を差し入れると持ち上げ、バスタブから一端引き上げる。
バスタブの中にずり下がっていたスラックスが取り残されている。

「僕は何人殺したかわかりませんよ」

骸はそう言いながら綱吉がまだ身につけていた下着と靴下を取り払い、バスタブの中に落ちているスラックスを拾い上げ放り投げる。
そして先ほどと同じように綱吉をひょいと持ち上げると足首より少しだけ上辺りまでお湯が溜まり始めている浴槽に綱吉をそっと座らせた。
先ほどまでの冷水と打って変わって適温のお湯の温かさが少しずつ綱吉に染み込む。
綱吉の頬に若干赤みが差したのを確認して、骸はスポンジを手に取りボディソープを泡立て綱吉の体を洗い始めた。

「あんな返り血くらいすぐに落ちます」
「でも、人を殺した事実は消えない」
「大丈夫です。君はこれくらいでは汚れません」
「…汚いよ」
「君は汚くありません」
「でも」
「その論理で行くと、僕や君の家庭教師や右腕、君の慕っている跳ね馬は相当汚れていますよ」
「それは違う…!」
「ならば、君も汚くはありませんよね」

綱吉を優しく諭しながら、バスタブに腰掛けた骸は丁寧に壊れ物を扱うかのように泡を綱吉の体に滑らす。
温かいお湯は綱吉のお腹の辺りまでたまっている。

「君は汚くありません。が、君もこれでこちら側の人間です」
「……うん、そうだね」
「名実ともにドン・ボンゴレになりました。おめでとうございます」
「……うん、そうだね」

もう戻れないね。
綱吉はぼんやりしながらそう呟く。
今日、綱吉は生まれて初めてその手で人の命を強引に奪取した。
人一人の命にこの手で終止符を打ったのだ。
綱吉の脳裏にその瞬間の様子が生々しく浮かぶ。あの瞬間から何度繰り返したか分からない鮮明な映像と感覚。
ずっしりとした銃の重さ。
目の前で怯え叫び、若輩者と軽視していた若きドンに言葉の限りを尽くして無様に命乞いをする父親よりも年上の男性の姿。
それを嘲る自分ではない自分。
引き金の重さ。体にかかる反動。
硝煙の匂い。
血の臭い。
真っ赤な

「綱吉くん」
「あ、オレ…」

思考の闇に連れ去られかけた綱吉の意識を、骸は優しい声で引き戻した。
綱吉は自分が清潔で静謐な空間に居る事を思い出し、フーッと息を吐き出した。

「頭からお湯をかけますよ」
「…うん」

同盟マフィアの許し難い裏切り。
「死を持ってしか償えない」と綱吉に教え諭したのは黒衣のヒットマンだった。
そして黒衣のヒットマンは無情にもその役割をボスになって日の浅い綱吉に振った。
せめてもの恩情だ、と護衛の任を霧の守護者に託し綱吉に腹をくくらせ、覚悟を決めさせた。
そして綱吉は元家庭教師の期待に答え、制裁と言う名の初めての殺人を完遂させた。
骸を伴いファミリーの待機する場所まで戻り車に乗り、滞在しているホテルの部屋へ他の滞在客と接触しない様に裏ルートで戻り、付き添っていた部下に労いの言葉と明日のチェックアウトまでは自由に過ごしてよいという命令を下し、ドアを閉めて骸と二人の空間に身を置いた瞬間。
今までの落ち着き方が嘘かのように一転して綱吉は錯乱状態に陥った。
異常発汗、心拍数の上昇、過呼吸状態、思考の混迷。
そんな綱吉の様子を見ても骸は動揺の一つも見せず、そのままバスルームに連れ込んで今に至る。

「髪の毛、洗いますよ」

体を洗い終えた骸が今度は優しく髪を洗い始める。
温かいお湯と、優しい骸の指先が綱吉の壊れかけた心に染み込む。

「君はもう戻る事は出来ません。ですが、君が辛いと言うのであれば、僕が今後君の代わりに全ての汚い部分を背負ってあげます」
「骸はオレに、甘すぎると思う」
「えぇ。君にだけは甘いですよ」
「…汚い部分を全部背負ったオマエはどうするんだ?」
「どうもしませんよ。君ごと背負って生きていくだけです」

それはとても素晴らしい事ですね。
心底嬉しそうに骸が呟くのを、綱吉は瞳を閉じたまま聞いた。

「…オレは、オマエの荷物になんてなりたくない」
「君という存在の価値と意味は重いです。しかし君が荷物になることはありません」
「人一人の命なんて、枷にしかならない。…オマエには自由で居て欲しいんだ」
「他人なら、荷物で足を引っ張る枷にしかならないでしょうが君なら違う。僕は喜んで君という名の枷を負いますよ」
「オレは、誰の枷にもなりたくないんだ…!」

丁寧な指の動きはそのまま、骸は淡々と言葉を紡ぐ。
そんな骸に綱吉は耐えられない、とばかりに声を荒げた。

「オレのせいで誰かが犠牲になるのは嫌なんだ…」
「では言い方を変えましょうか。僕は自己満足と言われようが君の全てを僕のものにしたい」
「む、くろ」
「分かっています。今の君は『ボンゴレ』のものであり、特定の一人のものにはなれないという事は。物理的にではなく、精神的に君の全てが欲しいのです」

骸はそう言うとシャワーヘッドを手に取り髪の毛の泡を洗い流し始める。
ずっと下を向きっぱなしの綱吉は、顔が見れないのをよい事にそっと声を押し殺して涙を流す。

「君は僕の前でだけ泣けばいいんです。拳銃と同じ殺人の道具として僕を扱えばいいんです」
「そんなのいやだよ…」
「君が直接手を汚す必要はありません。君はおとなしく僕に守られていればいいんですよ」
「そんなの違うよ……」

骸の言葉を聞きながら、綱吉は守られるのではなく守れる強さを手に入れようと決意した。
骸に、守護者に、ファミリーに依存し守られるのではなく。一緒に歩いて行けるだけの強さを。大切な者を守れる強さを。
それを手に入れるためであれば人の命も今日の様に奪ってみせる、と。
バスルームには水流音だけが響き渡っていた。

(2009.08.22)
綱吉を懐に隠して大切に守りたい骸と、守られるだけの存在にはなりたくない綱吉が書きたかったのですが…