センチメンタリアン・ ラプソディ


こちらは2009/7/5〜2010/01/01拍手御礼文として掲載していましたお話たちの再録場となります。

※諸注意※
・ツナが後天的要因で女性となっています
・でも中身は男前なツナです
・骸ツナが最終的に目指す場所ではありますがオールキャラでわいわいしてます
・カップリング要素は非常に薄い予定でしたが最終的に骸ツナに落ち着いてしまいました
・シリアス要素はなくひたすら軽いお話です
・基本1話完結です
・アルコバレーノは中学生くらいの姿を想像しております

それでもOKな方は、どうぞ↓

序章
〜この一弾から始まった〜
第一章
〜ツナを取り巻く男、大集合〜
第二章
 クローム髑髏の場合
 ヴァリアーの場合・その1
 スパナの場合
 雲雀恭弥の場合
 ランボの場合
 ディーノの場合
 コロネロ&ラルの場合
 ヴァリアーの場合・その2
 ユニの場合
 笹川兄妹の場合
 リボーンの場合
間章
 リボーンと骸の場合
第三章
 獄寺&山本の場合
 ヴァリアーの場合・その3
 白蘭の場合
 骸の場合
終章
 〜始まりと同じく終わりも突然に〜



番外編
 バジルの場合

(2009.7.5〜2010.1.1)
自分が書きたいものを書くを実践中。